発達障がい

障害者職業センター見学

 今日は午後から早退して、障害者職業センターに見学に行きました。

 もちろん保護者として&なにかしら社労士業務に役立つのでは・・・との下心もありつつ・・・

 発達障害については、障害にいつ気付いたのかと本人の認識によって一般として就職する場合と障害者として就職する場合に分かれるそうです。

 職業評価、職業リハビリテーション、就業準備支援、ジョブコーチなどについての話を聞くことができました。

 早くから就労については考えていく必要があると改めて感じました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「こどものこころ」についてのシンポジウムのお知らせ

大阪大学、浜松医科大学、金沢大学連合小児発達学研究科

開学記念シンポジウム



期日 平成21年7月4日(土)

場所 グランキューブ大阪(大阪国際会議場) 12階特別会議室

時間 13時~16時半

開場 12時半

参加費無料、予約申込不要(先着順 定員400名)

記念講演 「子どもの臨床と精神医学」

  杉山登志郎 先生 (あいち小児保健医療総合センター 保健センター長)

シンポジウム「子どもの発達を支える新しいアプローチ」

シンポジスト: 辻井 正次 NPO法人アスペ・エルデの会理事長、中京大学現代社会学部教授(臨床心理学、社会支援学)

         大井  学大阪大学、浜松医科大学、金沢大学連合小児発達学研究科教授(教育学)
    

         酒井佐枝子大阪大学、浜松医科大学、金沢大学連合小児発達学研究科教授(心理学)

         養育者代表(NPO法人アスペの会石川)

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

こちらをポチっとおしていただけると、さらにうれしいです。

(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガトー!/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国LD親の会 公開フォーラムに参加しました。

 今日は、全国LD親の会公開フォーラム「一人一人のニーズに応じた特別支援教育の実現を目指して -連携の現状・課題・展望-」にお手伝い要員として参加しました。

 会場はたくさんの人ですごい熱気でした。内容も本当に濃いものばかりで、配られた資料も本当に充実した内容でした。

 もちろん、まだまだの現状はあるけれども、ほとんど認知されていない状況から人々の力で法が整備され、形が整い、中身が充実していくことを実感しました。改めて道を作ってこられた先輩方に感謝の思いです。

 障がいのあるなしにかかわらず、一人ひとりのニーズに応じることが教育の原点。「特別」ではなく、支援教育があたりまえのことになるように、私も何かの力になれたらと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

こちらをポチっとおしていただけると、さらにうれしいです。

(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガトー!/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就業支援への取組「ネクストステージ大阪LLP」の話

 今日は、午後から全国LD親の会の研修会に参加しました。

そこで聞いた「ネクストステージ大阪LLP」 のお話はすばらしかったです。

発達障害をはじめとする就業困難な方たちには、従来のキャリアカウンセリングでは足りない。実践・体験の中で「安心して失敗できる場」を提供するなかで、自信をつけ、本当のやりたいことや個性を生かせる場を見つけていく。そんな場を提供するために、中小企業・社会福祉法人・親の会などがタッグを組んで取り組んでいるのです。

 それは、当事者のためだけではなく、「中小企業も生き残りのためにこれまでのやり方を続けるのではダメ。マニュアル脱却のためにも、彼らと仕事をすることが本当に刺激になる」と社長さんが熱く語っておられ、本当に感動しました

 支援と言いながら、できないこと、苦手なことばかり指摘していないか?「家庭の中でも役割をつくり、誰かの役に立ち、感謝の言葉をかけてもらう環境づくりができるはず」という言葉を肝に銘じたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

こちらをポチっとおしていただけると、さらにうれしいです。

(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガトー!/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

公開フォーラム「一人一人のニーズに応じた特別支援教育の実現を目指して」のお知らせ

第8回全国LD親の会公開フォーラムが6月21日(日)大阪市のドーンセンターにて開催されます。

一人一人のニーズに応じた特別支援教育の実現を目指して
       -連携の現状・課題・展望-

  • 日 時:2009年6月21日(日)10:20-17:00
  • 会 場:ドーンセンター(大阪府立女性総合センター)
         ホール(7階)、特別会議室(5階)大会議室(5階)
         (大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
  • 会 費:全日参加:1,500円 午後のみ参加:1,000円(LD親の会会員 無料)
  • 定 員:660名

 詳しくは全国LD親の会HPをご覧ください。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペシャルオリンピックス大阪 ボウリングプログラム

 今日は、初めてスペシャルオリンピックスのボーリングプログラムに参加しました。

 娘はボーリングシューズを買ってもらって、ごきげん♪ d(⌒o⌒)b♪

 相手は介助が必要な方でしたが、自分の番になると「投げていい?」と確認しながら、楽しくゲームできました。

 隣のお母さんも一生懸命応援されていて、どこも同じだなぁ・・・となんだかほっとしました。

 今日はそのことを「ソーシャル・ストーリー」にして渡しました。

  しばらく自分のことばかりで、子どもが主役の行事が少なかったので、家族で娘を応援する日が毎月2回。いいと思います。これからが楽しみです。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参観日と検査結果

 今日は午後から娘の参観日。授業は体育。どんな風に体を動かしているのかがよくわかりました。

 途中で失礼して、松心園の外来へ。春休みの検査結果を聞きに行きました。

 発達検査のWISK-Ⅲ。勉強会などで「IQをみるのではなく、得意と苦手のバランスをみること」「得意を伸ばし、得意な方面を生かす形で、弱いところの底上げを」など学んでいても、やっぱりちょっぴり凹みます。

 なにより大切なのは、自尊心を損なわないこと。自分から意思表示や動くことができるようになること。親としてできる支援を改めて考えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別企画「発達障がいのある子どもへの支援」に参加して

4月19日にドーンセンターで行われたおたふく会特別企画「発達障がいのある子どもへの支援~怒り・ストレスと上手につきあう支援の実践から~」に参加しました。

古角先生からは、怒りのマネジメントの実践として、小学校の先生の立場から、学校での個別指導計画の立て方や小学校低学年を対象にした授業の実践の中で落ち着くためのシャワー言葉を考えたり、上手な表現方法を考えることで攻撃行動が減ることが実証できたというお話でした。保護者にとってもストレスをためずにこどもと付き合っていくことの大切さを実感しました。腹式呼吸など具体的な方法も教えていただきました。

大谷先生からは、おたふく会の「アドベンチャークラブ」の実践から、アウトドア活動を通しての感覚統合、バランス感覚の磨き方についてお話があり、「家庭内で悩むより、外に出てほかの家族と一緒に楽しむ機会を」との言葉が印象的でした。

その後の鼎談では、学校との上手な付き合い方など、保護者にとってためになる情報をたくさんいただき、とても有意義な内容でした。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松心園とジャニーズショップ

 今日は休みを取って、2年ほど前に予約していてようやく順番がまわってきた大阪府立精神医療センター松心園の初診外来に行って来ました。

http://www.opho.jp/seishin/center/syousinen.html

朝7時半ごろ家を出発。電車を乗り継いで、時間通りに到着。すべて終わるのは12時ごろですとの説明がありました。

私の聞き取りとこどもの検査が終わったのが11時45分ごろ。ミーティングを30分ほどしてから、医師からお話があるとのことで、こりゃあ帰るのが12時半すぎになるなぁと待っていたのですが・・・

一向に呼ばれず、もともと待つのが嫌いで、おなかのすいてきた娘が耐え切れなくなり・・・(;>_<;)ビェェン「まだなん?」「もう帰りたい」を連呼し始めました。

 12時半になり、「あとどれくらいかかるのか時間のめどを出すか、続きは次回にしてもらえませんか」と申し出て、「もうちょっとで終わるそうです」との返事で、呼びに来られたのが12時40分ごろ。

「1時ごろまで待てるかなぁ?」と聞かれ、娘「無理」と即答。私もかなり疲れと空腹で、無理をお願いして、次回に聞き取りと結果報告をまとめてもらうことにしました。

診断ってたいへんな作業なんだなぁ・・・と改めて実感しました。甘くみてました。

しかも健康保険証を忘れてしまい、今回は自己負担で仮払いし、次回精算することに。( ̄□ ̄;)!!

「帰りにジャニーズショップへ行こう」を餌に娘を連れ出していたため、帰りに心斎橋のジャニーズショップへ。グッズ販売のお店かと思っていましたが、店内には壁にびっしりと「生写真」\(◎o◎)/!

それを選んで用紙に欲しい番号と枚数を書いて買うというお店だったのですね。(^^ゞ

店内はギャルたちですごい熱気でした。 (;^_^A アセアセ・・・

帰りの電車で、ふと隣に座った方の読んでいる書類に目がいき、その右上に・・・

なんと「極秘」と書いてあるではありませんか。(○o○)ドキッ

そーっと覗くと・・・どうやらヨガのポーズみたいでした。(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演会:「‘障がい理解・支援’のアハ体験☆~門眞一郎先生を迎えて」に参加しました

今日は堺市で行われたNPO法人ぴーす 発達障害者チーム プリズムが主催する講演会午前の部「高機能自閉症スペクトラムの理解と支援方法~ソーシャル・スキルの教え方」に参加しました。

 キャロル・グレイのソーシャルストーリーズ TM の紹介をはじめ、コミック会話、ソーシャル・スキル・アルバム、パワーカードなど、視覚的な手段を使ってどのように行動したらよいかを教えていく方法を実践例を交えて紹介していただき、とても参考になりました。

 ポイントは、ほめること(肯定的表)、あせらないこと(できることから確実に)、何より自己評価を上げるということが本当に大切だと思います。

 『「何度言ってもわからない」のであれば、やり方が間違っているのです。いやなことをくどくど言われても、聞いていません。ただでさえ、聞くことより視覚的な情報のほうに興味が向きやすのです』と言われたのが、本当にそのとおりだと思いました。

 回りが困ること(問題行動の改善)ではなく、「本人の困り感」をすこしでもなくしていく視点が大切なのだと改めて感じました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)